五十路の万華鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・続魔性の女[外人さえも魅了?編]

<<   作成日時 : 2010/03/12 07:00   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

魔性の女S子は飛び切り人懐っこい性格だ。
そこが男性にも好意を抱かせる一因だと思われる。

更衣室ですら、皆が黙って着替えている最中さえも一人で喋っている。

S子「・・・・私ったら、こんなに寒くなるって思わなかったから、こんなに薄着してきちゃった〜。外は雨降ってるかな〜。テヘッホント、私ってばバカですよね〜・・・・」と、こんな調子で延々と喋るのである。

たいてい他の職員は「は〜」とか「ふ〜ん」とか生返事しながら着替えている。

だってS子の魔性の女っぷりは有名で、職場の女性たちから総スカン食っているから。

あの私の料理の師匠、優しい西○さんですら、彼女には冷たい態度。
「寒けりゃ着込めばイイでしょ!」と私に対する態度とは全然別人のよう・・・ヒェ〜怖いよ〜
[西○さんについての記事はこちら


先日、仕事を終えた後、魔性の女S子が更衣室の前でソワソワ、クネクネしながら立っていた。
私の顔を見るなり「良かった〜、あんこさんが来てくれて

「どうしたの?」と私

「更衣室にゴキブリが出たんですぅ〜。私、一人じゃ怖くってぇ〜誰か来てくれないか待っていたんですぅ〜」と。

は〜、この儚げ(はかなげ)に怖がる乙女チックなS子。
こりゃ〜、男どもが「守ってあげたい」って気持ちになるのも仕方ないか・・・

私なんて「えっ?ゴキブリ?どこ?あっ、いた!(バシッ)ホレ、一発で仕留めたよ」って調子だもんね。
その差は歴然・・・

その時二人で着替えながらS子が
「私、昔からゴキブリと外人は苦手なんですぅ〜。前にイラン人に追いかけられたことがあってぇ〜・・・」とニコニコしながら言った。

いつもの私なら「ハ〜」とか「ヘ〜」とかS子の話に、ほとんど気持ちのこもらない相槌しか打たないのに、このときは違った!

「何?イラン人に追いかけられたってどういう事?!」
とそこに食いつく私。

彼女が言うには
「見知らぬイラン人に街で『あなたに以前、お金を貸したじゃないか、返してくれ』としきりに言われた。人違いだって言っても信じてもらえなくて怖くなって走って逃げた」と。

それってホント?
犯罪の一種?それとも新手のナンパか?

イラン人にさえもS子のフェロモンは通用するのか?

S子の魔性の女っぷりって国際的 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
続・続魔性の女[外人さえも魅了?編] 五十路の万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる