五十路の万華鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS ふるさとの訛りなつかし・・・

<<   作成日時 : 2010/03/19 00:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

仕事でアラサー(30歳前後)のイケメン男性二人と話す機会があった。役得、役得

彼ら今どきの若者っぽくてカッコイイのだが、話してみると
九州っぽい訛りが。

私が九州出身なのでイントネーションですぐ判るのだ。

「もしかして、鹿児島の出身ですか?」とノドまで出掛かったが、止めておいた。

以前もどこかで書いたが、ディズニーランドでイベントの仕事をしている初対面の男性に
「嵐がディズニーシーでイベントやりましたよねっ」と思わず食いつき
失笑を買った私

初対面の方には慎重に・・・。

頂いたパンフレットで合点がいきました。
ベースは長崎県諫早にある事業所が東京進出するらしい。
この不況下に凄い事です

それにしても、彼ら、礼儀正しくて物腰も柔らかかった。
新規事業立ち上げには苦労も多いと思うけど頑張って欲しいものです。
同じ九州人として応援しているよ




ところで今でこそ、標準語で話している私も(たぶん、自分ではそう思っているが
帰省や電話で実家と話していると、スイッチが入りバリバリの熊本弁で話す。

関西人の夫は、私の実家に行くと、ワンテンポ遅れて爆笑
後で聞くと、「ほとんどお義父さんの言うことが判らなかった」と
とりあえず皆に合わせて笑ってくれたらしい。

そんな夫は、以前、初対面の方に「関西のどこ出身?」といきなり聞かれ
ショックを受けておりました。
「標準語で話しているつもりだったのに・・・

でも、方言っていいですよね。
標準語じゃニュアンスが伝わらないことも多々あります。

ふるさとの訛りなつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく

石川啄木さんの気持ちがわかる年頃になったということですかね。

        
夕飯は天ぷら。
そしてコレは夫の大好きなバナナの天ぷら
画像

果物って熱を加えると甘さが増しますね。

バナナの天ぷらも最初は「!?」って思ったけど
やってみれば美味しくて我が家の定番になりました。

こんな一見ミスマッチが意外と合う事ありますよね。
例えばイチゴ大福

イチゴにあんこ餅ですよ!ビックリですよね
でも食べてみるとあのイチゴの甘酸っぱさとあんこの甘みが
めちゃくちゃ美味しい

最初に考えた人って偉いね

そんな風に考えていたら昨夜のテレビ『ケンミンショー』で
岩手県民(西和賀町限定?)は
ビスケットの天ぷらを食べるって!!

よく見ると、それは森永マリービスケットそっくり。
(正確な商品名は忘れてしまいました
これなら、たまたま我が家に買い置きがあるじゃないの。

トライしてみようかな?
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私、青森県の八戸市という所に
住んで居ります。
あんこさんのペンフレンドは
五所川原ということでしたが、
同じ青森県でも五所川原は
津軽地方で八戸市は南部地方と
呼ばれています。
気質もだいぶ違うらしく
一般的には、津軽の人は
気性が激しく、南部の人は
おっとりしていると
言われています…
が、何処にでも例外は存在
するもので、私は両方合わせ持って
いるらしいのです。
もしかして、二重人格… 

訛りは、良いですよね。
ほんわかとした
気持ちになります。
若い頃、職場のお客様に
綺麗な南部弁ですねと
言われた事があります。
私は、標準語のつもりだった
ので、ショック 
ご主人の気持ち
痛ーい程、わかります。

バナナの天ぷら
目が点です。
私、バナナが大好きなので
早速、作ってみよう 




くるりん
2010/03/19 19:41
親サイバー、すいかです。
ちょっと日にちがあいたので、
まとめて読みましたが、青森の方と文通してたあんこさんのコメントから、くるりんさんの上記コメントなんですね〜♪

それで、突如、全く忘れていた記憶が蘇りました!!私、熊本の人と文通してた!!!
剣道やっている男の子だったよん(笑)
なんでそういうことになったか??記憶が…
中学生とか、小学生の雑誌にそういえば「文通希望」コーナーとかあったよね〜♪

teruru
2010/03/19 23:49
くるりんさんへ
なるほど、そう言えば五所川原の彼女って
結構キツイ性格だった記憶あります
若かったせいもあるかもしれませんが

同じ県内でも気性が異なるって面白いですよね。

私の母は、早くに両親を亡くしたので
恐山にいつか行って両親に会いたいと言っておりました。(今でも実現していないですが)

ですから、私にとっては子供の頃から
ずっと青森=恐山の印象でした。

バナナの天ぷら是非お試しあれ

・・・とここまで書いて、何故か絵文字が入れられない
サーバーの不具合か?
くるりんさん、これから返事を書くteruru さんごめんなさいね。
あんこ
2010/03/20 00:16
teruruさんへ
熊本の剣道男子と文通していたの?
ビックリ。
昔は今みたいにメールや携帯電話も無くて
遠くの人と文通が流行っていたよね。

手紙が届くって嬉しかったな。
私もレターセットをいっぱい集めて
毎回どれにしようかなと
選んでたものです

あんこ
2010/03/20 00:22
ふるさとの訛りなつかし・・・ 五十路の万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる