五十路の万華鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS そのノブは心の扉

<<   作成日時 : 2010/03/05 06:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

めちゃくちゃツボでした。
画像

劇団ひとりさんの2006年のベストセラー小説『陰日向に咲く』を読んだ時も
「この人、凄い才能!只者じゃないわ〜!」と感心したものです。

そして今回はエッセイ。
最初のページで『無償の愛』について語ります。

[・・・わざわざ『無償の』と付け加えるぐらいですから、逆に一般的な愛は有償の愛ということになります(抜粋)・・・]と始まり、その後は最後のページまで『ひとりワールド』炸裂!!

特に最後の『三日坊主』を電車の中で読んでしまった私、大笑いしたいのを必死で我慢
頬や肩だけでなく鼻の穴までヒクヒクと痙攣してしまう怪しいおばちゃんの図になってしまいました

ガハハと一挙に笑ってしまえばサッと平静に戻れるのに、ヘタに笑うのを我慢するものだからいつまでも可笑しさが後を引く。

「クックックッ・・・」と忍び笑いするなんて電車の中じゃ、周囲の人を気持ち悪がらせてしまうだけです

いかん、この事は忘れよう、何か別のことを考えなきゃ・・・と頑張っても、つい意識は笑いのツボに飛んでしまう・・・

ああ、苦しかった〜。

ネガティブ・シンキングな自分を淡々と語ることで
笑い飛ばせる『劇団ひとり』さん、やはりあなたは天才です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
そのノブは心の扉 五十路の万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる