五十路の万華鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマスの思い出

<<   作成日時 : 2010/12/25 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

私が子供の頃は、滅多にケーキなんて食べられなかったからクリスマスは私にとってとても楽しみな日だった。


ある年、親が奮発して妹と私に一個ずつホールのケーキを用意してくれた。

私たちは嬉しくて嬉しくて、父が帰るまで何度もケーキの箱を開けてはウットリと眺めていた。

まだ幼かった妹は、ケーキの蓋を開ける度に我慢できずにデコレーションされたバタークリームを指で舐めていたから
父が帰ってくる頃には、スポンジの台だけになっていたっけ。


その上、各自に一本ずつ銀紙で巻かれたオシャレな鳥のモモ肉が並ぶのもすごくハイカラなディナーのようでウキウキしたものだった。



そんなに裕福ではない家庭で年に一度のクリスマスを祝う。

家族で夕食を囲む時間。

子供たちの喜ぶ声と、その顔を笑顔で見つめる両親。

今から40年以上前の話だ。



今はいつでも何でも手に入れられる時代。便利になった。

どこそこのケーキが美味しい等、情報も溢れている。


でも、あの頃のように心から楽しかったクリスマスの夜は、もう味わえない気がする。


何十年たっても思いだせるような心温まるクリスマスの思い出を、私は子供たちに残せただろうか?





話は変わるが子供が大きくなってしまうと、クリスマスも一大イベントではなくなり盛り上がりに欠ける。

昨日の息子との会話

あんこ(以下あ)「明日、クリスマスイブだけど何食べたい?ケーキ買ってこようか?」

息子ビスケ(以下ビ)「う〜〜〜ん・・・ケーキもあんまり好きじゃないし・・・。クリスマスらしくするっていうなら、やっぱりフライドチキンかな」


「じゃあ、かあちゃんがから揚げ作るよ」

「いや、から揚げじゃダメなんだ。やっぱりフライドチキンじゃないと」

「どっちも同じだよ。」

「全然違うよ。みかんジュースオレンジジュースくらい違う」

「御意っ!!」 (何故か納得)


かあちゃんは仕事帰りにケンタッキーフライドチキンを購入。





そしてかあちゃんは、フライドチキンを食べながら心の中でつぶやくのだった。

「相葉ちゃん、28歳おめでとう」と

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!
確か私達の小さい頃のケーキはバタークリームでしたね?懐かしい。今は生クリームですものね!
 娘達も大きくなると、クリスマスは友達同士で楽しんでます。今年は、主人と二人だけのイブでした(笑)
五十路
2010/12/25 00:34
あんこさん、こんばんは!!
チキンを食べながらかあちゃんがつぶやくのは
「相葉ちゃんおめでとう」ではなくて「メリークリスマス」では

ホントに子どもの頃のクリスマスの思い出はイイですね。昔はケンタッキーなんて無かったけど、貧乏だから兄妹3人でひとつのおもちゃしか買ってもらえなかったけど、楽しい思い出です。
私のこどもたちは成長し、今年初めてひとりぼっちのクリスマスを迎えました
Mステがあって良かった〜〜
けー
2010/12/25 00:55
おはよう。
クリスマスの想い出…わたしは母子家庭で育ったのでそういうのは全くありません。
だから、正直クリスマスは嫌いでした^^;
でも、お正月は新しい服と下着など貧乏ながらも揃えてくれてとても嬉しかったですね。

我が家も、夫と二人だけになりケーキもないイブでした。
あ、昼間姉と姪っこが来てケーキ買ってくれたので一緒に頂きました。

相葉ちゃん、お誕生日おめでとう
ふるる
2010/12/25 06:09
あんこさん、まじめに思い出に浸っていましたね?
そう、私もそう思いますわ。
子供の頃のあのクリスマスって、大切な思い出になっていますよね?ウチは母がまるでそういうことに興味のない人で、クリスマスチキンをショーケース越しに
食いつきそうなくらいにしがみついている弟にも、ケーキ、ケーキと騒ぐ私にもまったく動ずることなく言い放ったひとこと「ウチはキリスト教じゃない!」
あ〜ぁ・・・なぜか納得している可哀想な子供達。
その代り父がロマンチックだったようで、ちゃんとサンタクロースをやってくれていたから、だからこうして素直で優しい娘に成長したんだと思うのよね。
・・・何か?
さつき緑
2010/12/25 09:07
五十路さんへ
まあご主人と二人だけのクリスマスなんてロマンチック
エッ?実際はMステ見るのに夢中でした?
嵐さんカッコ良かったものねアハハ
あんこ
2010/12/25 11:02
けーさんへ
アハハ、おっしゃる通り。
「メリークリスマス」とつぶやくべきですよね。
相葉ちゃんの誕生日祝いじゃん、これじゃ
あんこ
2010/12/25 11:08
ふるるさんへ
クリスマスが嫌いな人もいるよね。確かに。
うちもお正月に新しい下着や服を買ってくれたこと思い出したわ。
懐かしい〜。
お正月を迎えるって厳かな気持ちだったんでしょうね。
そういえば昔は服も『よそいき』と『普段着』をキッチリ分けていたような気がします。
お正月には一張羅を着せてもらったような記憶があるもの。
あんこ
2010/12/25 11:17
さつき緑さんへ
最強のお母様に爆笑
節操の無い日本人の中で信念を持ち我が道を行くお母様。素晴らしい

『素直で優しく育った』の所はあえてノーコメントで
私、平和主義ですから、みどりさんにケンカを売る勇気無し
あんこ
2010/12/25 11:23
ケーキのお話、いい話ですね。お父さんが帰ってくるまで、クリームを舐めてしまった妹さんの気持、とてもよくわかります。あんこさんは、暖かい家庭に育ったんですね。あんこさんのブログの楽しさの秘密がわかりました。私達読者もお相伴に与ることが出来て、幸せです。
ぽんこ
2010/12/25 19:09
ぽんこさんへ
妹はいまだに食いしん坊で横にすごくワイドです
両親はケンカが絶えなかったのですが
子供のことはすごく可愛がってくれました。
幼かった頃の思い出は甘美です。
あんこ
2010/12/25 19:35
クリスマスの思い出 五十路の万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる