五十路の万華鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 看護実習〜小児科偏〜

<<   作成日時 : 2011/01/28 22:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

看護実習。それは人間の顔を持った悪魔としか思えない厳しいナースに鍛えていただく看護学生にとっては恐怖の洗礼です。

その悪魔ナースに付いて書くことは今回は断念し(思い出すと今夜うなされそう)小児科実習の思い出を書いてみます。

あれは私が若干20歳の頃、学年で一、二を争うアイドル並みの可愛いY恵と一緒に小児科実習に行きました。
画像

Y恵は笑うと八重歯がキラリンと光りえくぼが立つ本当に可愛い子でした。(絵では上手く描けないけど)


私の受け持ちは3歳の男の子:太郎(仮名)だったのですが、太郎ったら毎朝Y恵の顔を見ると大喜びして抱きつきます。

画像


私、いつも手持ち無沙汰・・・

実習の間中、ずっとそんな感じ。
コラッ太郎君の受け持ちはY恵じゃなくて私なのよ!!

そうして悟った「男の子ってこんなに小さくても美醜が分かるのね


でももう一人、受け持った7歳の女の子:幸子ちゃん(仮名)はとっても可愛かったな。

腎臓の病気で入院している幸子ちゃんには小さい弟妹がいてご両親は自営業だったから、なかなかお見舞いにも来れなくて幸子ちゃん寂しそうだった。

幸子ちゃんはおとなしい子だったんだけど少しずつ打ち解けてくれて、私の顔を見ると毎日大歓迎してくれたなあ。

そして実習が終わる日、幸子ちゃんは私に折鶴を折ってプレゼントしてくれたの。

私は別れが辛くて、お礼を言いながら涙をこらえるのが精一杯だったわ。

実習が終了すれば、もう受け持ちの患者さんに会いに行ってはいけない決まりがあるの。

だからその後も幸子ちゃんに会いたくて会いたくて、小児科の病棟を見上げては涙を拭っておりました



幸子ちゃん、もし元気でいれば今30代後半になっていると思うけど、どうしているかな?

結婚してお母さんになっているかな?

それとも独身で仕事を頑張っているかな?

どんな人生を歩んでいるとしても、幸せに暮らしていてくれればいいなあ。

今でも幸子ちゃんのことを思うと鼻の奥がツンとしてしまう私です。
画像



次は看護実習:外科偏、産婦人科偏に続きます。たぶん・・・そのうち・・・いつか・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんいちわ!
看護実習(小児科)可愛い子ども達ばかり、でも、思った事をストレートに返ってくる事もあり大変ですよね!(無邪気と言うか)
 私も、20代は保育関係に勤めていたので・・・。
そのこたちも、30代になっており、海外で働いたり、地震の調査研究をしている子もいれば、看護師、保育士、主婦などと頑張っているのを耳にすると、嬉しいですね!
五十路
2011/01/29 14:12
看護師さんになるのには、沢山勉強をして、本当に厳しい実習をクリアーしなければならないんでしょうね。
いつも病院に行くと、てきぱきした看護師さんの姿に、ひたすら尊敬の念をおぼえてしまいます。
幸子ちゃんのお話、良いお話ですね。
忙しい仕事の中でも、看護師さんは私達患者を人間として見ていてくれるんだなぁということがわかり、嬉しくなりました。
ぽんこ
2011/01/29 20:57
五十路さんへ
保育関係のお仕事をしていらっしゃたんですか?
子供たちに囲まれて毎日パワー溢れる環境でしたね。
子供はどの子も本当に可愛い。
無邪気すぎて残酷な面もあるけど
子供たちが家族以外の人間と初めて出会う保育というお仕事、彼らの心にずっと残るお仕事だと思います。
あんこ
2011/01/29 23:47
ぽんこさんへ
ありがとうございます。
私も初々しい看護学生の時期がありました
多忙すぎて初心を忘れそうになりますが、いつも患者さんへの思いやり、やさしさを忘れないようにしなければと思っています。
あんこ
2011/01/29 23:52
あんこさん、こんばんは!!
私は全くと言っていいほど知らない世界ですが、色々とイイ事もありもちろん挫折もたくさん経験して来られたんでしょうね
私も娘たちが4歳までに3回ずつ入院し、その病院が24時間家族の付き添いが必要だったので、随分とお世話になりました
「悪魔ナース」とんでもない
患者や家族にとっては「白衣の天使」そのものですよ〜〜
けー
2011/01/30 21:02
けーさんへ
お子さんたちが小さい時に3回も入院なさったんですか。
それは心配でしたね。
子供の病気は周りも辛いです。

悪魔ナースっていうのは学生に対してだけですよ〜(笑)
おバカな学生をしっかりと指導してくださったのですが、その厳しさったら
あんこ
2011/01/31 19:37
看護実習〜小児科偏〜 五十路の万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる