五十路の万華鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 『無理』 奥田英朗著

<<   作成日時 : 2011/01/02 19:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 6

うひゃ〜新年早々、超絶ヘビーな内容の本を読んでしまった。

普段、話題作と聞くと期待して読み始めるのだけど、面白いのは最初だけで途中から失速してしまい興味半減それでも惰性で最後まで読んでしまうってことも多い私。

しかしこの本は久々のヒット最後の一行までどうなるのか全く予測できずに一気に読んだ。
画像


主人公は5人、寂(さび)れた田舎町ゆめの市が舞台、話はオムニバス方式で進む。

主人公@
離婚後1人暮らしで福祉事務所に勤める公務員の相原友則(32歳) 後に人妻との援助交際に興味を持ち・・・

主人公A
東京の大学を夢見る女子高生の加藤史恵(17歳) 後に妄想癖のある男に拉致監禁されて・・・

主人公B
老人相手に『漏電遮断機』を詐欺まがいの手口で売りつける元暴走族の加藤裕也(23歳) 後に殺人事件を起こしてしまった先輩を匿(かくま)うことになり・・・

主人公C
離婚後の孤独と貧困のため宗教に心のよりどころを求める派遣の保安員(万引きを捕まえる)堀部妙子(48歳) 後に病気の母親を引き取ることになり・・・

主人公D
父親の地盤を引き継ぐ市議会議員でいつかは県政そして国政にも進出したいと野心を燃やす山本順一(45歳) 後に市民運動のトラブルに巻き込まれ・・・


どの主人公も悲惨な状況で待ち受けるのは『絶望』
でも読み手に不快感を与えないのは作者の並外れた力量だと思う。

それもそのはず、著者:奥田英朗氏はあのぶっ飛んだ精神科医:伊良部シリーズ『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』などを書いた方。

私は彼の作品が大好きで大部分を読んでいるのだけれど、ユーモア小説から青春小説、ミステリーに至るまで幅広い才能を持つ方だと改めて感心した。

それに主人公@の相原が何者かに命を狙われトラックで追われるシーンはスピルバーグ監督の映画『激突』を彷彿させるスリリングな場面だった。


この主人公たち5人の一体どこに接点があるのかと不思議に思い読み進めると・・・


ハ〜〜〜そう来たか、ラスト。参りました


読み終えて本を閉じた時やっとこの本の装丁(表紙の絵)の意味が分かった。深いわ〜。




さて今年は一体何冊、本を読めるだろうか?

昨年はブログに時間を費やしてしまい、あまり本が読めなかったのが残念だった。

今年は反省しもっと本をたくさん読みたい。


ちなみに去年は本を年間37冊(一昨年は58冊)読み、映画(DVD等)は26本(一昨年は66本)観た。

映像より活字の方が好きなんだけどDVDは映画好きの息子の影響で観ることが多い。


活字中毒と言ってもいいくらいなんだけどマンガはすっかり苦手になってしまった

以前記事にしたマンガ『ワンピース』今やっと11巻目

でもあのシーンは泣けたわ


長くなったので『ワンピース』の記事はまた今度


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「無理」奥田英朗
人口12万人の寂れた地方都市・ゆめの。この地で鬱屈を抱えながら生きる5人の人間が陥った思いがけない事態を描く渾身の群像劇。 合併でできた地方都市、ゆめので暮らす5人。相原友則―弱者を主張する身勝... ...続きを見る
粋な提案
2011/06/12 01:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あんこさん、こんばんは!!
先ほど実家から帰宅して、やっとブログの世界に戻れました
あんこさん、読書家なんですねーー
私は老眼が激しく、ここ数年は活字を読むのが辛くて……嵐の雑誌記事を読むのも勇気が要り、ほんの数ページ読んでもその後でどっと疲れるくらいです
基本的に小説は嫌いではなく、昨年は話題のIQ……を読み始めましたが、世間の評判ほどの面白さを感じなく途中まで読んで本棚に置いたままになっています
あ〜年齢より年老いてしまった???眼が恨めしいです
けー
2011/01/02 22:38
おはよう。
わたしもすっかり読書から遠ざかってしまってます(^^ゞ
映画やDVDなど映像も同じ…
やっぱり歳なんですよね。でも手芸は好きでやり始めるとずっとやってしまいます。

今年は、もっと本読まなくちゃね。
お勧めの本紹介してください。
ふるる
2011/01/03 04:34
けーさんへ
老眼はつらいですよね。
私ド近眼だったので数年前にレーシック手術受けました。
それから直ぐは老眼の症状が出たんだけど今は何とか老眼鏡も使わず本が読めます。
でもなるべく本を読む時は目が疲れないように¥100ショップの老眼鏡をかけるようにしています
雑誌の文字はまず裸眼では無理!!
ファンクラブの会報も文字小さ過ぎ

IQってナンか難しそう・・・。
あんこ
2011/01/03 11:42
ふるるさんへ
私も読書は根気が要るようになってしまいました
映画も2時間も観てつまんなかったら「貴重な時間を返せ〜」って思います

好きな事をやるのが一番ですよね。
本もDVDも好みがあるから強くオススメは出来ないけど私の覚書として記事に残すつもりです。
何かの参考になれば幸いです
あんこ
2011/01/03 11:50
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
藍色
2011/06/12 02:11
藍色さんへ
こんばんわ。
今、藍色さんのブログ拝見しました。
凄い読書量と、レビューも分かりやすくてビックリです。
またゆっくりお邪魔させて頂きます。
トラックバックの方法、教えていただいたのに機械オンチの私、今度、息子に聞いてトライしてみますね
あんこ
2011/06/12 21:49
『無理』 奥田英朗著 五十路の万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる