五十路の万華鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 素晴らしき哉、人生!(DVD) 1946年:アメリカ映画

<<   作成日時 : 2011/03/27 20:28   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

人生に絶望した時「生まれてこなければ良かった」と思ってしまう時や
自分があまりにもちっぽけな存在であり、生きている意味があるのかと疑問に感じてしまう時が、長い人生のうちには一度や二度あるでしょう。

この主人公ジョージもそうでした。

ジョージは夢があったのに父親の急死や弟の結婚でことごとく、夢をあきらめなければならなかったのです。

それでも小さな町で貧しい人達が家を持てるよう尽力し人々の信頼を得ます。

でもある日、大金を失くし窮地に陥った彼は自殺しようとします。

そこへ現れたのが二流の天使(このおじさんがとぼけた感じで笑えます)

「生まれてこなければ良かった」と言うジョージに、ジョージが初めから存在しない世界を見せてくれます。

そしてラスト・・・

この時期だからか、人の善意に泣けました。
画像



実は、以前観た時には途中で眠ってしまったのに、今回はしっかり観ました。

映画ってその時の気分や年齢で、感想が変わってきますね。


おまけ
散歩中、桜のつぼみが色づいていました。
画像

確実に季節は巡って来るのですね。
春は直ぐそこまで来ています。
元気出していきましょう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
毎日地震・停電・ガソリン・食品買い物
(買いだめの為ではありません)
そんな事ばかりを気にしていて 
春を忘れてしまうところでした 
あんこさんありがとう!
嵐会じゃなくて みんなみんなで
櫻を見ながらただただ散歩したいですね
モモ
2011/03/27 21:07
モモさんへ
だいぶ余震は納まってきたと言っても、まだ色々と不安で毎日生きていくのが精一杯って感じですよね。

でも一時でもそんな日常を忘れられるちょっと笑える話を書ければいいなと思います。
また落ち着いたらお会いしたいものです。
あんこ
2011/03/27 21:16
こんばんは!
今日は、神戸は肌寒かったけれど、午前中に家事を終え昼から二女と足を伸ばして遠くのスーパーへ買い物に行きました。(往復で約1200歩でした)
帰りにお茶している時、ふと、被災地の方が浮かび、「私たちこんな事してていいのかなあ」ちょっと罪悪感がありました。
あんこさんが言われる様に、春はそこまで来ているんですよね!
なぜか、芯から楽しめない自分が居る!
五十路
2011/03/27 22:10
五十路さんへ
被災地の方々のご苦労を思うと何だか申し訳ないような気持ちになってしまいますね。
東京も今朝も結構揺れました。
余震が納まったなぁと思っていると急に強く揺れます。
私も心から楽しめなくて、なかなか嵐の曲を聴く気になれません
あんこ
2011/03/28 19:57
あんこさん、こんばんは!!
春近しですね。
私の地元はまだまだ桜の蕾は堅いですが・・・
色んなことがあっても季節は移り替わって行きます。
北の方で桜が咲くころには、みなさんが桜の木を見上げる余裕が少しでも出るように祈ります。
けー
2011/03/28 20:39
けーさんへ
まだ風は冷たいけれど、確実に春はやってきています。
今はまだ桜を見上げる余裕も無いけれど、満開の頃には、少しでも皆の不安が軽くなって欲しいものです。
あんこ
2011/03/28 23:42
素晴らしき哉、人生!(DVD) 1946年:アメリカ映画 五十路の万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる