五十路の万華鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS お腹召しませ

<<   作成日時 : 2010/01/14 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日読んだ本
画像

浅田次郎さんの本、初めて読みました。

こんなに人気作家の方なのに、ず〜っと新田次郎さんと勘違いしていた私です。
思い込みとは恐ろしい。
(新田次郎さんの山岳小説は若かりし頃、読んだことがあります。)

しかも、私、歴史小説に手を伸ばしたのも初めてです。

歴史物のテレビドラマも、まず、見ません。

どんなに人気のあるNHK大河ドラマも見たことないんです。

歴史に関する一般常識に欠けており、夫に呆れられる事もしばしば・・・

今回もタイトルの『お腹召しませ(おはらめしませ)』を、ご馳走を腹一杯食べる小説と勘違いしてました
どこまで食い意地が張っているのでしょうか?

『お腹召しませ』=『切腹せよ』って意味だったとは・・・

歴史小説の言葉や言い回しって難解過ぎます(私だけ?)

逐電(ちくでん)=失踪?駆け落ち←我が家の電子辞書にもこの言葉は見つからず・・・

それでも、解らない所で立ち止まらずサーッと読んだら大意は掴めました。

面白かったです。

ちょっと笑えてホロリと泣ける人情話でした。

今度は浅田次郎さんの現代版の小説を読んでみよう。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
お腹召しませ 五十路の万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる